『ロビンソン・クルーソー』が刊行された1719年(享保4年)、奇しくも同年、遠州荒井(静岡県新居)の船が九十九里浜沖で遭難、漂流を続け、無人島に漂着、日本にもロビンソン・クルーソーの物語がうまれている。
 その無人島は、今の鳥島といわれている。八丈島から南下すること、約300キロ。火山島である。一時、気象観測所が設けられたことがあったが、火山爆発の危険があるため撤収、現在も無人島である。食物も水もない小さな島である。
 もちろん、遠州船が漂着した享保4年当時も、水もなく、ほとんど草木もない、岩ばかりの小さな島であった。漂着した者たちは12名。さしあたりの食料は岩礁にのりあげた船から運んだが、それもやがて尽きてしまった。しかし、ここは「鳥島」というだけあって、岩肌を隠してしまうほど、何千羽何万羽の鳥が群がっていた。アホウドリの棲息地なのである。近づいても人間を恐れるふうもなく、逃げることもなかったので、彼らは手掴みで捕えた、とある。
 そんなある日、無人の船が漂着する。その乗り捨て船には、米60俵がばかりがあった。その中にモミ米が1俵あったので、それを蒔き毎年何俵かの米の収穫が可能となった。
 そして――、20年が経った。と簡単に20年と書いてしまったが、壮絶でやりきれない人間と自然の、そして人間と人間のドラマが展開した、筆舌に尽くしがたい20年であっただろう。その間、12名のうち9名が死んでいる……。
 1739年、新たな漂流者が流れ着く。江戸堀江町の17名である。
 遠州船の者が彼らに「オレたちは日本人だ」と声をかけると悲鳴をあげて逃げてしまった。無人島だと思っていたところに人がいたという驚きからではない。彼らの風体の異様さだ。
「20年あまり、鬢はみだれ長髪にて、湯もつかい候こと御座無く、不断日に照らされ、潮にて顔色は赤黒く黄色く、眼中光り、まことに鬼とも存ずべく……」とある。推して知るべし。とても日本人とは思えなかったのだろう、いやとても人間とは思えなかったのかもしれない。
 江戸堀江町の船も大破しており航海不能であったが、幸運にも伝馬船は助かった。順風を待って、一行20名はこの伝馬船で鳥島を脱出。3日後、八丈島にぶじ辿り着いた。――という物語である。
 この島を舞台にもうひとつ有名なロビンソン・クルーソーの物語がある。
 これは、吉村昭著の『漂流』という小説にもなっているし、また映画化されたりしたので、ご存知の方も多いだろう。土佐の生まれ、長平の物語である。
 ときは、1785年(天明5年)、遠州船が漂着してから約70年近く後のことである。藩米をおろして空船なったところへ大西風が吹き荒れ、長平たち4人は漂流を続け、鳥島に漂着する。この話の凄いところは、発火器を難船のさい失っていたので、火のない原始生活を3年間、生き抜いたことである。特に、長平は仲間の3人が病死した後の1年半は、ひとりで生き抜いた。魚を生で食らい、鳥は干物にした。絶海無人の孤島で何を思い、何を考え、何をして、生きたのか。われわれの想像も及ばない絶対的孤独と絶望の極限に苦悶し、のたうちまわったことだろう。発狂しなかったことが不思議なくらいだ。
 そして、長平が漂着して3年後。肥前国の船が漂着する。さらに2年後、今度は薩摩国の船が漂着する。
 ちなみに、この鳥島には多くの漂流者が流れ着いている。
 たとえば、先に述べた遠州船と今回の長平の漂着までのあいだに、まず1755年に和泉国の船が流れ着いている。在島4年のあいだ、5人のうち2人が死んだ。そして、そこへ同じ和泉国の船がまたもや漂着する。
 この船に生き残った2人は、助けられ、今まさに出航せんとする間ぎわ、土佐国の船がまたまたやってくる。彼らも一緒に助けられ、めでたく鳥島脱出となった。
 漂着するのが1日遅れていたら、いや、1時間遅れていたら、土佐国の漂流者たちにも長平と同じ運命が待ちうけていたことだろう。他にもこの鳥島には、1841年(天保12年)、あの『ジョン万次郎』も漂着して『小便を手に溜め、飲みて渇きを凌ぎしが、それとても飲物少なければ、小便も至って少なくなりし』と苦労しながら5カ月間そこで生活している。彼は、この島に正覚坊(海ガメ)の調査に来た米国の捕鯨船に救出されている。
 ところで、長平の物語である。
 薩摩国の船が漂着してから約8年間、16人の共同生活が始まる。長平にとって、たったひとりの生活から年月を経るごとに仲間が増えていったことは、己に取り憑いた宿命をすべて許してしまうほどの歓喜がわき起こったのではないだろうか。孤独は癒され、絶望は相対化されたはずである。
 のち2人が病死。14人で3年がかりで小船をつくった。船をつくるにも、気が遠くなるような苦労話が伝えられている。流木を利用して船をつくるのだが、錨から釘をつくるためフイゴをつくることから始まった。船板の隙間には貝殻を焼いて石灰をつくり、それを塗り込んだ。「ぐゐみ」という灌木の樹皮で、網をつくり帆布をつくった。船づくりには全員が素人であったが、驚くべき忍耐と知恵を集結してつくりあげたのである。
 1797年(寛政9年)長平にとっては12年ぶりに鳥島から自由になった。波まかせ、風まかせの航海であったが、5日後に幸運にも青ヶ島に着き、助けられた。
 ここまで鳥島をめぐる漂流記をみてきたわけであるが、記録に残っている漂流者たちの存在は氷山の一角であろう。なにしろ、非情な運命に弄ばれながらも己を失わず、生還することが前提である。そして、幕府の役人や学者たちに事情聴取されてはじめて記録となって後世に伝えられるのだから。

江戸時代と漂流

 数ある漂流記のうち、ほとんどが江戸期のものである。これは、幕府がとった鎖国政策と当時の急激な国内経済の発展が大きく影響していると考えられている。
 つまり、大消費都市の江戸と大商業都市の大坂間の物流の激増により、経済的効率的な海運が盛んになるわけであるが、いかんせん鎖国政策によって航海術のレベルが著しく低下してしまっていた。鎖国以前は天測航法技術があったにもかかわらず、それ以降は陸上の目標物を頼りにしながらの山見航法に後退している。いったん暴風に巻き込まれ、陸から遠く離されてしまうと、もはや船位がわからなくなってしまうといった、お粗末で幼稚なものであった。
 多くの漂流者たちはおみくじを引いて進むべき方向を占ったり、嵐の最中、帆柱を切り捨てるべきか否かを占ったりしている(帆柱にあたる風で流されるのを恐れて、当時切り捨てることが多かった。これが船乗りとして根本的に無知を暴露しているわけだが、天候回復後も帆柱なくて航海不能、残された道はただ一つ――漂流であった)。
 ルソン、安南、カンボジア、シャムなどの南洋諸国に向けて、洋式航海術を駆使して御朱印船が隆盛を極めた時代など完全に忘れ去られ、ただひたすら神仏の加護を祈り、神のお告げを頼りに心もとない航海をしていたのである。もちろん、鎖国政策ばかりが原因ではない。日本をとりまく自然環境が『漂流記』誕生にはなくてはならない第一義的必要条件であった。
 まず、当時の船乗りたちが『大西風』といって恐れた、冬の北西季節風である。不幸な巡り合わせにも、船の往来が最も盛んになるとき、つまり新米の収穫が終わり、それを江戸へ運ぶ年末年始がこの季節風の最盛期にあたっている。それゆえ、漂流の多くは、圧倒的に晩秋から冬に集中している。(漂流記の全体の7割を占めているらしい)。
 そして、海流である。時速5ノット(約10キロ)になることもある黒潮。これにのせられると北太平洋上に漂流を強いられ、千島、カムチャッカあたりに流される。風の加減で南側へ押しやられると、黒潮反流の流れにのり、小笠原諸島方面へ。更に南方へやられると、北赤道海流にのり、東南アジア方面を漂うことになる。いずれにしろ、これらの海流は日本人にとっては離岸流となり、悲惨な漂流を生む大きな要因であった。

漂流記のいろいろ

 『船長日記』というものがある。その当時、ギネスブックがあれば確実に記載されていたと思うが、世界最長海上漂流者の物語である。
 尾州名古屋の督乗丸(14名)は1813年(文化10年)、江戸からの帰途、御前崎の沖合で遭難。以後、ロサンゼルス南西でロンドンの船に助けられるまで、なんと1年5カ月間、海上を漂流した。督乗丸船長の重吉がその体験を語ったものである。
 幸いにも、米が5斗入6俵、豆が700俵あったので、豆を煎り粉にして、それに米を少しずつ混ぜて食料にした。水は1人あたり3升5合しかなかったので、当時の漂流者がしたようにランビキ(蘭引)といわれる蒸留器をつくった。
 ランビキとは『先ず大釜へ塩水を汲み込みて煮立て、大きなる飯びつの底へ穴をあけ、管をさしこみ、釜の上に覆い、その上へ(冷却用の海水を入れた)鍋をつり下げ、件の管よりあがる湯気、鍋の底へ当りてしたたり落ちるように仕掛けて水を取る』装置である。1日に7、8升の真水が取れたそうであるが、くべる薪には苦しんだことだろう。可燃物はことごとく燃やし尽くし、ついには船のあちこちを打ち破ってそれを燃やしている。
 ともすれば我が身の不幸を嘆くあまり、また故郷を想うあまり、力を失い、泣いたり自殺を考えたりする一同に対し、船長の重吉は『縄にて大なる珠数の形』を拵え、気を紛らわすべく一同車座になって百万遍の念仏を唱えさせた。唱えないものには食料を与えないという掟をとくったりした。
 重吉は、泣き出す者に対して声を荒げて叱り、時には慰め激励し勇気づけた。このような重吉の船長としてのあらゆる努力とリーダーシップが、この長期漂流を支えたといえる──。
 ところは変わり、フランスの話。
 重吉の漂流と同じ頃、フランス海軍のメデュース号がアフリカ西岸で座礁した。
 147人が筏とボートでひしめきあって脱出したが、救助されたときはなんと15人であった。わずか2週間たらずの漂流の間に132人が死んでしまったのである。それは、充分な水、充分な食料があったにもかかわらず、口減らしに殺し合いがなされたのである。ロマン派の先駆者ジェリコーの『メデュース号の筏』を見ると、生存者の下敷になった幾体もの屍、上半身が海に落ちている屍、仰向けに投げ出された屍、生と死が狭い筏の上でせめぎあい、生から死へ、あるいは死から生への瞬間がダイナミックな構図で描かれている。潮風に混じった彼らの血と汗の異臭と屍臭が漂ってきそうな強烈な絵である。

 

 指揮官ショマレーは、筏の連中を置き去りにして、ゆったりとボートで脱出して救出された──。
 漂流という異常事態で、強力なリーダーシップの不在が、責任者の無責任的行動が、無統制が、いかなる悲劇的な結果を招来するか、重吉とショマレーのこの二つの対照的な事件は、雄弁に物語ってくれる。
 最後に、大変楽しいエピソードのある漂流記を紹介して、この稿を終わりにしたい。
 1756年(宝暦6年)遭難した津軽船は、今の韓国の江陵へ漂着する。そこで漂流者たちは大歓待されるのである。どら鳴り物入りの行列で護送され、到着したところでは、豚肉、牛肉の御馳走に始まり、踊りに軽捷のアトラクション、笛、太鼓、どら、鉦、胡弓の囃子に合わせて美しい女性がくるりくるりと宙返り、あるいは角力をしたり、これは漂流者たちが勝ってしまうと相手は大いに立腹したそうで機嫌を損なわないよう、負けるようにしたらしいが、ともあれ飲めや歌えの大宴会だったようである。
 のちに、漂流者たちは宗対島守に引き渡され、日本に戻ることができた。
 この漂流記は石井研堂編『異国漂流奇譚集』という本で「津軽船御馳走談」というタイトルで紹介されている。
 編者は書いている。
 『現時、世界の何れの端にても、果たして斬る安楽郷を求め得べきや、疑わし』と。(か)

Copyright(C) by Nansenhokubasha Publications. All rights reserved.■南船北馬舎